メンテナンス中につき、表示が崩れている箇所がございます。
【科学する】縄文・弥生・飛鳥・奈良時代勉強法@成成予備校

日本史の古代史を完全にマスターする勉強法

古代史はつまらない、、でも受験に出る!

古代史が嫌いな受験生は多いと思います。

おそらく、古代史がつまらない原因として、

「覚えるものが紛らわしい」

「あまりやらなくても覚えられそう」

「大学受験において出題頻度が低い」

など、様々な理由があると思いますが、 現に古代史を出題している大学は多数あるので、ある程度の学習は必要です。

古代史は出題頻度は低いが受験で出題されるのでしっかり勉強しておこう!

古代史は問われるところが決まっている!?

 「古代史を出題してくる大学は多い!」

とはいっても、要所を押さえておけば問題はないわけですから、あまり神経質になる必要はありません。

例えば、

「水稲耕作は縄文時代終わり頃から九州地方で起こり、弥生時代に本州に広まった。」

ということや

「弥生時代に入っても北海道と沖縄では、弥生文化が発達しなかった。」

など、

入試で問われるところはだいたい決まっています。

こういう要所を押さえておけば、古代史に関しては問題ありません。

古代史をしっかり覚えて得点源に!

古代史の勉強法って?

インプットの段階で、

各時代でどのようなことが起こりどのように変わっていったのか

を意識してインプット用参考書を読みすすめて行きましょう。

ここは他の日本史の分野とそこまで大きくは変わりません。

アウトプットでは、古代史は正誤問題の方が大学受験では出題されやすいので、『センター試験の過去問』を中心に演習を行うと効率が良いですね。

インプット→アウトプットの流れで古代史を攻略だ!!

難関大学でも正誤問題だけで大丈夫?

難関大学でも縄文時代~飛鳥時代が出題される場合は、空所補充問題よりも、正誤問題の割合が多いので、正誤問題対策中心で勉強していくことがコツです。

難関大学でも古代史は正誤問題中心での出題が多い!


【科学する!】日本史で偏差値70を超える勉強法はコレ!

関連記事
    None Found
PREVIOUS
NEXT

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


  • Rss