メンテナンス中につき、表示が崩れている箇所がございます。
【科学する!】大学受験の日本史の年代の覚え方@成成予備校

日本史の年代の覚え方はコレだ!最速年代暗記法!

日本史の流れ」を覚えるためには、「年代暗記」が非常に重要になってきます。

年代暗記」にしっかり取り組んでいる受験生はおそらく少ないと思います。

年代を片っ端から暗記していくのは気が狂いそうですし、「また暗記するのか」という受験生も多いことでしょう。

しかし、年代暗記をしっかり勉強しておくと日本史を武器にすることが出来ます!

年代暗記をすると強力な武器に!!

大学入試では年代を一問一答形式で答えさせようとしてくる大学が非常に多いです。
年代暗記の問題は、「知っていれば取れる問題」裏を返せば、「知らなければ取れない問題」ですから、やるに越したことはありません。
大学入試は一点でもほかの受験生よりも多く点を取るゲームみたいなものですから「やれば必ず得点できる問題」で得点することが合格点を取るのに必要なことです。

また、年代暗記を完璧に理解していると、正誤問題で「時期ずれの選択肢」(例:8世紀に大化の改新が起こった。→正確には、645年なので7世紀が正しい)を除外することも出来るので、一問一答以外のところでも非常に役立ちます。

 勉強法としては、年代暗記系の参考書を一冊仕上げておきましょう。

最終的な目標として、手元に参考書がなくても、一冊に収録されている年代と出来事を完璧に暗唱できるようになるまで取り組む必要があります。

暗記量が多いので、きついかもしれませんが、やれば必ずできるようになるのが年代暗記なので頑張って取り組みましょう!

年代を暗記して日本史の点数を底上げしよう!


【科学する!】日本史で偏差値70を超える勉強法はコレ!

関連記事
    None Found
PREVIOUS
NEXT

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


  • Rss