メンテナンス中につき、表示が崩れている箇所がございます。
【科学する!】大学受験の日本史で偏差値70を越す勉強法@成成予備校
《World3-日本史》
ダンジョン0:日本史勉強法
~偏差値70を越す勉強法とは~

”日本史は暗記科目なので、誰でも伸びる!”

受験生の皆さんなら一度は耳にしたフレーズだと思います。

では、なぜ偏差値40以下の人から70を越す人までいるのでしょうか?

もちろん、単純に勉強時間の差があるというのもありますが、勉強法の違いも大きく関係しています。

同じ時間勉強しても、勉強法の違いで、偏差値は驚くほど大きな差が出ます。

なので、この記事では最も効率よく日本史の偏差値を上げる勉強法をお教えします。

ぜひ偏差値70越えを目指していきましょう!

偏差値が思うように上がらないキミ!こんな勉強法をしていませんか?

学校や予備校の授業にあわせて勉強を進めている

日本史は覚えるものがすでに明確に決まっています。

それなのに、周りと同じように授業を受けて勉強していては、他の受験生と差はつけられません。

語句を覚えるときに、意味しか覚えていない

語句の意味を覚えれば、一問一答形式の問題には正解できます。

しかし、難関大学は1つの語句を様々な角度から出題します。

意味だけを覚えていては、そういった問題には対応できません。

志望校の入試問題を解くための勉強をしていない

あなたが今勉強している範囲は、もしかしたらあなたの志望校の入試問題の出題範囲ではないかもしれません。

あなたの志望校の入試問題では、論述問題が出題されているかもしれません。

そういった傾向を知らずに勉強していては、過去問演習に入ったときにまた勉強しなおさなくてはならないかもしれません。

上記の項目に当てはまってしまっていたキミ!

今すぐ勉強法を変える必要があるというのはわかってもらえたと思います。

なので、これから偏差値を劇的に上げ日本史の勉強法をお教えします。

偏差値70を越すための日本史の勉強法はコレ!

Step1 志望校の過去問を分析し、自分に必要なものを把握する

Step2 過去問演習の時間を考慮した勉強計画を作成する

Step3 勉強計画に沿ってどんどん勉強を進める

         ※メモリーツリーを使い、語句を様々な角度から捕らえるように心がける。

Step4 過去問演習で自分の「穴」を埋める

これが日本史の偏差値を劇的に上げる勉強法です。

日本史の偏差値が思うように上がらなかったキミは、ぜひこの勉強法を実践してみてください!

もし必要であれば、大学受験のプロが、キミの志望校の問題傾向を徹底分析し、キミだけのスケジュールを作成します。

もちろん無料ですので、こちらからにお申込みいただき、成成予備校に一度ご来校してください。

今日からキミの日本史の偏差値に革命を起こそう!

関連記事
PREVIOUS
NEXT

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


  • Rss