メンテナンス中につき、表示が崩れている箇所がございます。
【科学する!】古文読解問題の勉強法と解き方@成成予備校
《World3-古文》
古文読解問題の完全攻略法
~勉強法と解き方~

古文読解問題が一気に解けるようになる方法教えます

まず、古文が読みにくい1番の理由は、
文章中の主語が省略されてしまっている部分が多いから」です。

裏を返せば、主語さえとれてしまえばあとは古典文法・古文単語の知識で古文は簡単に読めてしまいます。

では、「どのように主語を把握していくか(隠れた主語を見つける方法)」ということが問題になってきます。

主語把握のコツ

主語把握のコツとしては、人物が出てきたらその人物ごとにチェックをいれて、「人物ごとの行動を追って読んでいく」という方法を使うのがコツです。
主語を把握する際には、 敬語、人物の身分、話の場面、人物ごとの関係

(例:男と女が出てくる話で、文中に「通う・行く・呼ばふ」などの語が出てきたら主語は90%男、等々)

に着目して読み進めるという方法を使うと主語把握が楽になります。

主語を把握する練習をして古文を理解できるようにしよう!

古文読解問題を解くコツ

そして、古文の読解問題の解くコツについてですが、大きく分けて2種類の問題が存在します。

まず、古文の読解問題の中には、問題だけをみて解けてしまう問題があります。
「文中に傍線部がありその箇所の現代語訳を選択する問題」や、 「文学史の問題」等は、問題文の読解をしなくても答えが出せる場合が多い問題です。

次に、現代語訳の問題の解くコツです。

各選択肢の「異なっている部分」に着目し、 「助動詞・敬語・古文単語の意味」等の知識を用いて選択肢を吟味して選択肢を消去法を用い、間違いの選択肢を消す方法で解いていくことをオススメします。
この方法を使うことで、 本文を完璧に読めなかったとしても、特定の問題では得点できますし、 「古文読解が苦手だ」という受験生も古典文法・単語の知識をしっかりと勉強することで得点出来るようになってきます。

現代語訳の問題は消去法をうまく使おう!

関連記事
PREVIOUS
NEXT

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


  • Rss