メンテナンス中につき、表示が崩れている箇所がございます。
【科学する!】大学受験英語リスニングの勉強法@成成予備校

大学受験の英語リスニングって??

大学受験英語において受験生が嫌いだったり、 あるいは勉強の仕方がわからないというのが英語リスニングです。

リスニングの得点が上がってこないのは、 英語を正確に聞き取るトレーニングに取り組んでいる受験生が少なく、

『どうせ、センター試験でしか使わない。』

という理由で、 リスニングの練習を普段から怠っているために、 なかなか流れる英語が頭に入ってこないのです。

なんで英語が聴き取れないの!?

どうやって学習を進めていけばよいのかということですが、 ここで一番意識してもらいたいのは、

生きた英語(ネイティブスピーカーが話している英語)をCDなどを活用して毎日聞く」

というたいへんシンプルなことです。

私たち日本人がなぜ英語をうまく聞き取れないと思いますか??

答えは簡単です。

リスニングしている言語が日本語ではなく普段聞き慣れない英語だからです。

私たちは毎日、学校や家などで日本語を用いて会話し、日本人が話す日本語を聞いています。

だから、日本語でリスニングしたらほぼミスはないはずです。

ですから、英語も生きた英語を毎日少しでもいいので頭に取り込み、 生きた英語の速さに自分の頭を慣らしていき、 少しずつ意味がわかるようになっていけば良いのです。
まずは生きた英語を毎日聴くことから始めましょう。

「生きた英語」を毎日聴いて英語に耳を慣らそう!
 

劇的に点数が上がる!英語リスニングの勉強法!

学習の進め方は、 最初はBGMみたいにただ生きた英語を聞き流すだけで結構です。
英単語を勉強する時間や、休憩時間に聞き流しを行いましょう。

聞き流しが一通り終わったら、 長文を目で追いながら生きた英語を聞いて、速さに慣れていきましょう。
これをすることで、英語長文の速読にもつながります。

それも終わったら、 今度は英語を聞きながら目で追っている英文をCDについていくように音読してみましょう。
これを「シャドーイング」といいます。
「シャドーイング」をすることで流れる英語の速さについていき、 その速さを標準的な速さとして頭の中に叩き込んでしまいましょう。

こういった勉強法で受験生のリスニング力は格段に進化していくと同時に、 英語の速読レベルも上がり、志望校合格のために英語を武器にすることが出来ます。

CDをうまく活用してリスニング力と長文読解力を一気につけよう!
 

偏差値60以下のキミはこちらの記事も合わせて読んでみて下さい!

関連記事
    None Found
PREVIOUS
NEXT

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


  • Rss